酒造り

cellar_1

水は土地の味

神沢川の水は急峻の山から一気に降りてきます。 そのため鉄・マンガン・マグネシウムなどをほとんど含まない混り気が少ない軟水です。
きれいな酒ができる半面、ごまかすことができません。 地酒造りは、その土地の水を知ることから始まり、その水をいかにうまく使うか造り手の腕にかかっています。

 

cellar_2

米は優良な原料米を厳選

神沢川の水に合う米を厳選し、数種の銘柄を使い分けます。
「山田錦」「吟ぎんが」「雄町」など銘柄によって産地を決め、平成17年からは静岡県開発の酒造好適米「誉富士」も使用しています。
作りたい味をめざし、米の品種・精米歩合・その年の出来等により米の扱い方を見極めています。

 

cellar_3

酒造りは麹づくり

酒造りの工程で要となるのは麹づくりです。

そして麹造りで最も肝心なのは造り手の判断力です。

年によって違う気候や米の出来・時機を見逃さず早まらず、必要なだけ手を加えます。

そして五感を総動員して数値には出ない微妙な塩梅をとらえます。

 

蔵人

仕込みにあたる蔵人は、五感を駆使し、全量和釜蒸米・手造り麹と手間暇を惜しまず、醸造にあたります。
またより良い状態でお手元にお届けできるよう、パストライザークーラーや、釜を使った生詰瓶燗や低温貯蔵等を行います。
仕込みから出荷管理まで、気を抜かず、他に代替えのきかないオンリーワンを目標に社員一丸となって、かけがえのない1本となるよう想いを込めて送り出します。

  • cellar_4-2
  • cellar_4-3
  • cellar_4-4
  • cellar_4-1

 

cellar_5_b

杜氏 﨑村勉

1975年生まれ。
2003年入社。
南部杜氏協会員となり2012年より副杜氏を務める。
副杜氏として酒造好適米「五百万石」を使用したチャレンジシリーズ・オリジナル清酒
”チャレンジ・レボリューション・インテグレート”等を発表した。
2017年より現代の名工であった先の杜氏より受け継いだ技術を昇華させ、杜氏となる。
信条は”明けない夜はない”